自分もきれいを保つ「アドバイザー」に

美容に関するアドバイスをするプロが化粧品コーナーにはいます。

そういう人たちのことをビューティーアドバイザーといいます。美容部員さんのことで、略してBAといわれることもあります。

キーワードで1位を目指すSEO対策ならテキスト広告JP
http://seoconsul.jp/
キーワード検索で1位を目指すためのSEO対策を解説

化粧品のプロとして多くの場でお客様にお化粧のアドバイスや相談を受けることを仕事としていきます。

ビューティーアドバイザーになるためには、それぞれの化粧品メーカーや会社の求人情報や求人雑誌を探して応募することでなることができます。ですが、人気のあるメーカーやブランドのアドバイザーになる、というのはとても門が狭いということです。なので、独学で勉強してプロとしてアドバイザーになるというのは少し難しいかもしれないです。なので、ビューティーアドバイザーになるための専門の学校やスクールを探して通うというのが近道ともいえます。

本山 眼科
http://motoyama-nakamura-gankaclinic.jp
夜も19時までの診療対応

ビューティーアドバイザーに向いている人というのはコミュニケーション能力と美容の深い知識、そして気さくさが大切です。お客様の相談相手として気軽に立ち寄ることも出来るように、相手を思いやれることと一生懸命に相談にのってくれる姿勢を持っていれば、誰でもなれる職業でもあります。

美容部員、BDといわれるように、化粧品会社で働くのなら、いろいろと資格をもっているというのは強みになります。たとえば、色彩感覚はあったほうがいいですし、医薬の基礎知識なども必要になる場面もあります。化粧品は様々な女性が利用するものなので、その一人ひとりにあったアドバイスをできるように、知識を広めておく必要があります。美容の資格はいろいろとありますが、自分が必要だと思ったものを取得しておくと、美容部員としてもとても需要が広がっていきます。

キャバドレスや小物をお得に買うならロイヤルチーパー
https://www.r-cheaper.com/sp/
オリジナルデザインも豊富にご用意しています

美容に関係する資格というと、色彩検定や通信教育でのビューティーアドバイザーの資格、そして国際美容連盟主催のメイクアップアーティスト認定資格試験というものもあります。美容に関係する仕事につくのなら持っていても損になることがない資格です。

まず、ビューティーアドバイザーになるためには、自分の美容にしっかりと責任をもつことも大切です。自分の肌や髪、スタイルなども豊富に知識があるからこそ、おしゃれにもメイクにも広がりが出てくるのです。

豊富な知識はアドバイザーとしての需要も広げますし、自分自身のおしゃれの幅も広げてくれます。

どんな資格を持っていればいいのか、またどんな仕事場で働くことができるのかを考えておくといいです。